四畳半で密着3Pお泊り会をネタバレ中!無料立ち読みもこちら※画像あり

MENU

四畳半で密着3Pお泊り会を無料立ち読みはこちら

四畳半で密着3Pお泊り会

無料立ち読みはこちら

矢印

Handyコミック【四畳半で密着3Pお泊り会!】LP1※スマホ専用

 

当サイトでは、四畳半で密着3Pお泊り会のネタバレ情報を公開しています。
今すぐ読みたい人は、上の画像から作品ページにアクセスできますよ!
ネタバレが嫌な人は注意!

 

四畳半で密着3Pお泊り会1話のネタバレ

 

「お泊まり会~!?」
麗美の提案に、俺は白目になった。
「いいじゃん、賢一ひとり暮らしなんだし」

 

強気に言い張る麗美、そのとなりには、かわいらしい友達のゆかりちゃんがほほえんでいる。
俺はわざとらしく大きなため息をついた。

 

「いつも俺のへやをたまり場にしやがって・・・」

 

暗に非難したのだが。

 

「いいじゃない、別に減るものじゃないし」
ずうずうしい麗美にあきれてしまった。
「あんたのアパート、学校近いから都合いいのよ」

 

とまで言われてしまったが、ここで妥協してしまったらおしまいだ。

 

「あのなあ・・・よく聞けよ?こんな狭いところに、3人も泊まれるか!!」

 

自慢じゃないが、この部屋は4畳半だ。
それなのに、あいつは、
「詰めれば余裕でしょ?」などとおしとおす。

 

ゆかりのほうをみて、麗美が「ね?」とにこっと笑えば、
彼女も「あはは・・・ごめんね?」
と図々しいことこの上ない。

 

「だいたい、あんたの親が海外赴任してから、だれが面倒みてあげてると思ってるのよ?」
急に痛いところを突かれた。

 

「それとこれとは関係ないだろ!」
と言い切るが、麗美に世話になっていることは、否定できない。
その上、かわいいかわいいゆかりちゃんが、
「私も泊まってみたいかも・・・なんて」
といじらしく笑ってくるのだ。

 

しかたなく、お泊まり会を許可することに、してしまった。
荷物をもって、二人がこの部屋にやってくる。

 

いきなりシャワーを浴びたいなどと言い出す。

 

「2人一緒は無理だぞ。共用だから狭いし」

 

というわけで、ゆかりが先に入ることになった。
風呂場の前を通ると、俺はどうしても、ゆかりの裸を想像してしまう。

 

(この扉の向こう側に・・・裸の・・・)

 

「あれ? シャンプーは・・・忘れちゃったかな?」

 

風呂場の中から声がした。

 

「賢一くん?」
はい!と答える。
「よかった!そこにシャンプーない?」

 

あるよーと答えながら、かなりやばい。

 

「ごめん、取ってもらっていい?」

 

風呂場のドアを少しあけて、隙間からゆかりちゃんが顔をのぞかせた。
めっちゃ色っぽい。
見ちゃいけない・・・と思っていたのに。

 

俺は足をすべらせて、風呂場に少し落ちてしまった!!!

 

そこには・・・裸の・・・ゆかりちゃんが・・・!!

 

矢印続きはこちら

 

四畳半で密着3Pお泊り会2話のネタバレ

 

事故ってしまった。
足がすべった勢いで、俺はゆかりちゃんの全裸を見ることになって・・・!!!
「ごめん!!!」
と叫んで、無意識のうちに手を伸ばしていた。
彼女のおっぱいに。
めっちゃやわらかいおっぱい・・・そのとき、後ろに気配を感じた。

 

麗美だ。
「戻ってくるの遅いと思ったら・・・いったい何やってるのかしら」

 

「言い訳は聞いて頂けるのしょうか・・・」
さすがに俺は汗だくになる。
いきなりこんなことをしてしまって、バツが悪いったらない。

 

「言い訳・・・?そうね・・・」
麗美はニヤリと笑った。俺はぞっとした。

 

「とりあえず先にボコる」

 

手加減なし。思いっきり殴られた。俺の頭はひどいことになった・・・

 

「あんたね、最初からのぞくつもりだったんでしょう??」
麗美はなおもキツイ。
ところがゆかりは「私は気にしてないから」と慰めてくれる。
天使だ。

 

「私も悪かったから・・・もうこの話は終わりにしよ?」

 

「ゆかりがいいならいいけど」
不満気な麗美をよそに、ゆかりは、
「賢一くん、ごめんなさい」とまで言いだした。

 

あんな、胸をいきなりつかむような、ひどいことを俺はしたのに・・・それなのに、許してくれるなんて・・・もしかして、俺に気があるとか???

 

なんだか嬉しくなってきた。

 

夜になると、寝支度が始まる。というか、部屋に並べられる布団は2枚まで。

 

女2人でさっさと布団の用意を済ませている。

 

「俺は?」
と聞くと、「押入れ」と言われた。もちろん、麗美にだ。

 

「はあ!?」
「あんたもしかして一緒に寝れると思っていたわけ??」
「いや〜そういうわけじゃないけど」

 

だが、家主が押入れというのは、ひどくないか?

 

しかも、ゆかりの裸が脳裏から離れない。
あの胸の触り心地は、格別だった・・・ものすごく色っぽかったし・・・

 

ドキドキドキドキしてきちゃう。
とりあえず目をつぶろうと、俺は呼吸を整えた。

 

そのとき、何か物音がして。
うっすら目を開けると、押入れの中に、麗美が入ってきていた!!!

 

な、な、な、なにごとだ???

 

麗美はぴったりとしてTシャツを着ていて。
なんと、下着つまりブラジャーはつけていなくて。

 

そんな姿がけっこうかなりエロくって・・・!!!

 

矢印続きはこちら

 

四畳半で密着3Pお泊り会のネタバレ画像

 

四畳半で密着3Pお泊り会の本編画像を一部公開します。

 

四畳半で密着3Pお泊り会の画像1

 

四畳半で密着3Pお泊り会の画像2

 

四畳半で密着3Pお泊り会の画像3

 

四畳半で密着3Pお泊り会の画像4

 

四畳半で密着3Pお泊り会の画像5

 

四畳半で密着3Pお泊り会の画像6

 

矢印続きはこちら